【同居の愚痴】娘が思春期だった時のこと

今では二人目が生まれようかという娘だけど。
お嬢様学校と言われる私立女子中学に行かせたことで、色々大変だった。

私立受験は義両親から迫られ、抗う事ができなかった。
息子も受験させるように言われていたが、本人が絶対したくないということで(私もそれを応援した)地元の中学に行かせたが、義父に

「孫男は受験させんかったけど、孫子は受験させるよのぉ?!」

と高圧的に言われ、抵抗できずに受験させる事になった。
大変だった塾通い。自分自身が高校まで公立だったので違和感でしかなかった。

その娘が中2で不登校。色々あった。本当に大変だった。
一時は学校に戻り、楽しそうにしていると思っていたけど、再び不登校気味になった時には親子の葛藤もあったどころの話ではなかった。

その最中、私が風呂場でひとり声を上げて泣いているのを、こともあろうかダンナが茶化してきたのだ。

「お前、風呂場で泣いてたやろ。うぇ〜ん、うぇ〜ん・・・」

こんなことされて怒らない人いる?
もうその時の私の怒りようときたら。娘が学校に行かずに、良くない高校部の先輩(後に退学)と遊びに行こうとしているのを必至に止め、娘に悪者にされても子育てに奮闘していた私に、泣く真似をしてくるなんて最低。

私は即座に出て行く準備をして軽自動車に乗った。
その時、ETCカードが差し込まれていたのが、普通車ではなく、軽のラパンだったから。

そこから休憩しながら6時間以上かけて実家に帰った私に義母は電話で開口一番、

「あんたが乗って行った車は宗教法人の車なのよ!」

と言い放った。そしてなぜ私が飛び出したかわけを話すと

「本当にヒデちゃん(ダンナ)がそんなこと言ったの?」

とまで言い、揚げ句の果てには娘のことを持ち出して

「あんた、逃げてばっかりでどうするのよ!」

とまで言い出した。
ダンナのひどい言動がなかったらわざわざ6時間以上かけて来るまで帰るはずないし、長時間運転した私の心配より車の心配?
で、私が「逃げてばっかり」?
もうブチギレ。

「逃げてばっかりってどういうことですか?今回だって逃げたわけじゃないし、『ばっかり』って私がいつ逃げました?説明してください!いつ逃げたんですか?『ばっかり』って言うからには根拠があるんですよね?」

「・・・・。」

実は、この時の義母の返事はほとんど覚えていない。ただ、

「あんたのお母さんはどう言ってるの?結納の時に、『しつけの糸はほどいてあります』って言われたのよ!」

と言われたので

「うちの母がそんな気の利いた事言うはずがありません!お義母さんの思い込みじゃないですか?それにうちの母と話したければどうぞそっちから電話してきてください。この電話は私がかけてるんですから代わりません!」

と言って切った。
こうやって綴っているうちに思い出しのだけど、私が婚家に電話したのは義母が娘に私の悪口を言ったからだった。娘が電話で泣きながら訴えてきたので、抗議するために電話したのだった。

で、母に「しつけの糸はほどいてあります」と言ったのか確かめると笑いながら

「オカンがそんなこと言うはずあらへん!『娘は思った事を結構言ってしまう子です』とは言うたけど」

その翌日、娘は私の実家に新幹線で来た。
私は娘から、子育てから逃げた事は一度もない。ホントは父親がやるべき役割を全て私がやってきた。本当にしんどかった。

あの時「逃げてばっかりでどうするの!」と言った義母の言葉は忘れられない。

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新