【嫁姑】話にならない その8

【嫁姑】話にならない その7
のつづき

話し合いからなかなか帰ってこなかった婿さん。帰宅は22時半を回っていた。

結論から言うと、娘の要求は8割方通った。

  • 援助は打ち切り
  • 娘だけで義実家には行かない
  • 姑が強制していたお受験幼稚園も私立小学校もなし

この3つだった。8割と言ったのは、援助の件。
婿さんは来年引っ越す予定になっていた新築マンションと車だけは断りたくなかったらしい。

車は実家の会社の車ということで使わせてもらっていたのと、
それとは別に娘にも一台、リースで与えられていた。

娘は車も返すつもりでいたし、マンションも断ると言っていた。
でも婿さんは所詮ボンボン育ち。生活レベルは落としたくなかったらしい。

そこで、マンションと車はそのまま・・・ということになった。
しかし、マンションと車が欲しければ、娘が姑に一言謝れと言うことになった。
悪いと思ってなくてもいい、形だけでもいいから一言謝れと。
婿さんは娘にマンションと車は

「お前らの為でもある」

と言ったらしいが、娘は

『何言っとんや、こいつ』

としか思わなかったそう。でもヤクルトやダスキン、水や保険などの援助が全て打ちきりになった事、婿さんが仕事の時にでも義実家にちょくちょく孫の顔を見せに行ったりしていたが、それもしなくてよくなったことで謝りに行く事になった。

この、形にこだわる人たちって、なんだろう?
マンションは舅と婿さん半々の名義らしいが、いらなければ舅がローンを払うだけだと言ったそう。でも内情はそうもいかないらしい。おじいちゃんが「借家にすんでるならそろそろマンションを買ってやれ」と言ったらしいし、それがなくなったとなれば、舅と姑ふたりに色々都合の悪い事が起きる・・・と義叔母からの情報。

舅は、嫁(つまり私の娘)とは仲がいいと思っていたらしい。
で、話し合いの時に「どうしたらいいですか?」と頼られると思っていたと。それがマジで抗議されたのでそれもどうやらショックだったよう。

でも、仲がいいと思っていたのなら舅の方から歩み寄らないか?大人として。
自分は女作って家を飛び出て十数年、自分の嫁に負い目があるのかどうか知らないが、そっちの言い分だけを聞いて、SNSの更新を見て頭ごなしに怒ってきたんでしょう?

娘は舅とは上手くやっていたと思う。自分の弟妹たちからも嫌われている舅に一人目を妊娠してお腹が大きくなってきたら「デブになったのぉ」だの、スッピン見て「ホンマは不細工だったんか」だのと言ってきた。
孫が生まれた時も散々「不細工じゃのぉ」と言っていたし、
二人目を妊娠した時には

「腹蹴っちゃろうかと思った」

と娘の前で他人に言ったらしい。
それでも娘は舅の事を

「不器用だけど一種の愛情表現」

として特に怒りもしなかった。上手くやっていたのに、裏切ったというなら舅の方だろう。
でも娘はほぼ満足。お受験幼稚園も私立小学校も本当に嫌がっていたし、押し付けの援助なのに姑から

「感謝が足りない」

と言われるし、娘がどんなに感謝していると言っても

「態度でわかるんよ」

の一点張り。だったらもう援助はして欲しくない。その要求が通った。
大体、感謝の気持ちが「態度でわかる」って。

娘は言われた通り、法事の時にはちゃんと手伝いに行くし、平日も孫を見せに行くし、誕生日は母の日や、日曜日も最低でも月に1度は誘ったり姑からの誘いも断る事なく食事に行っていた。これ以上何をしろと言うのか?

で、明日姑に一言「この度はお騒がせしました」ということになっているらしい。そのことに関して姑からのお小言は一切ないという約束で。
もしあったら、娘はマンションも車もいらないということをハッキリ言うそう。

さて、どうなりますか・・・。

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新