【コンビニバイト】お客様は神様ではない!

少し前、同じバイト仲間だけど自分の子どもより少し若い子Yくんから連絡がきた。

理由は、常連さんのクレーム。
いや、まず店長に言ってよ。なんで私?

でもとりあえず聞くと、夜のシフトを一緒にしている外国人のNさんに対して、ほぼ毎晩来るらしい常連さんがわけのわからないクレームをつけてきたそう。

そしてNさんではなく、Yくんに

「バイト終わったら話がある」

と言って、バイト終わったYくんをつかまえ、イートインのコーナーで被害妄想と妄想を1時間も聞かされたそう。

その内容が

「Nさんが私を見て『キャハハハハ』と笑った!」
「Nさんの態度が悪い!」
「Nさんの目つきが悪い!」

とか、

「Nさんは前はTくんが好きだったけど、今はあなたの事が好きなのよ」

とかわけのわからない話だったそう。もうそんなわけのわからない話を5回も6回も聞かされ、最後は

「すみません、門限があるんで」

と断ったらしい。いや、外国人NさんのクレームをなんでYくんが聞く羽目に?
その前にNさんも全然態度悪くないし、全くのいちゃもん。

結局Yくんには店長に言うようにアドバイス。
翌日早朝のシフトに出た私は深夜さんからもYくんが1時間もお客さんを相手に愚痴を聞いていたと聞いた。人が良すぎると。

そして結局私の方が先に店長副店長に報告。

店長と副店長はNさんが夜のシフトに入っている時に残ってクレーマーおばさんと直接話をした。

私は直接見ていないので、Yくんから聞いた話だけど、かなり言い合いになったらしい。

店長副店長は

・防犯カメラを確認したが、Nさんは笑ってもないし、態度も悪くない。
・Yくんは従業員なのでYくんには話をしないでください。

ということを強く訴えていたそう。

でもクレーマーおばさんは

「でも笑ったのよ!」

と譲らなかったし、とにかくNさんに謝って欲しいと譲らなかったそう。
お互い平行線で、副店長も

「話しにならないわ、あれは!『話になりませんわ!』って言ったし!」

と疲弊していた。最後はクレーマーおばさんが

「本部に電話する!」

と言ったので

「どうぞ!どうぞ!じゃあそういうことで終わりですから」

とその言い合いも約1時間かかったらしい。
お客さんは神様じゃないし、本部に電話したからってクレーマーおばさんに謝罪する事なんて絶対ないしあってはならないと思う。

でもそのお客さんはまだまだ来そうだということで、この先どうなるか・・・。
いっそのこと出入り禁止にすればいいのに、それはまだできないそう。

にほんブログ村 就職バイトブログ アルバイトへ
にほんブログ村


コンビニ店員ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新

【同居の愚痴】少しスカッとした話

前のblogを消してしまったので思い出したことをまたつづろうと思う。

義母は私にほぼ毎日嫌みを言ってきた。小ばかにして笑うこともしょっちゅう。
何もばかにする要素のない時でも、私の言葉尻を捕まえて笑う。

「あははは!◎△□がええよ。あははは・・・」

その言葉の何がおもろいの?ということでも。
そして時々マウントしたいのか文句も言ってきた。自分のことは棚に上げて。

あるとき、昼ご飯後にお茶を飲もうとした義母が、急須にお茶っ葉が入ったままになっているのを見て朝飲んだのか聞いてきたので飲んでいないと答えた時のこと。

「昨日お茶最後に飲んだの誰?!」

と義母が怒鳴るように言った。
確かにダンナが夜お茶飲んでそのままだったことは何回かある。でもその時は違った。

「お義父さんですよ。お義母さん、入れてたじゃないですか」

これを言った時の私の気持ちときたら!!もう気持ちがいいほどすっきりしちゃったわ(笑)

あと、同じ宗派のお寺の次女さんが、離婚して帰ってきたときのこと。

「なんで離婚したんかね?さとちゃんは料理も上手だしなんでもできるのに」

と言ってきたので

「我慢が足りなかったんじゃないですか?」

と言ったら

「え?さとちゃんは何でもできるのよ!」

と『なんでもできるできた娘』を強調するので

「何でもできるのと我慢ができるのは違うでしょ」

「あら〜、じゃああんたは我慢してるのね〜」

と嫌みたっぷりな言い方をしてきたので

「そうですね。ものすごく我慢強いと思います!」

と言い返したら黙ったのですっきりしたのを覚えている。

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新

【同居の愚痴】もっと言いたかった

国外で働いている義弟くんが帰ってきていたが、その時のお世話はほぼほぼ私。Twitterか、このblogでも書いていると思うけど、買い物に行くのも、病院に連れて行くのも、免許の更新に行くのも私が運転して連れて行く。結局日本での免許更新は今回であきらめたけど、以前は私が連れていって、迎えにも行った。

今回は息子も買い物に付き合ってくれて、ユニクロに行ったり、家電量販店に行ったり。そんな中で爺と婆の話になった。どういう経緯か覚えていない。

「お父ちゃん達もぜいたくはゴルフだけでしょう?」

と義弟くんは言った。
いやいや、あんた何言ってんの!

「え?お義母さんも洋服アホほど買ってたし、ある時見たら普段着にはいてる同じパンツがデパートのブランドの店にあって、値札見たら7万!骨董品もめちゃくちゃ買い漁ってたし、見た?本堂の正面!蛇と、狛犬だかシーサーだかわからんもの買って設置してるけど、あんなのいる?」

そう言うと爆笑していた義弟くん。狛犬だかシーサーかわからないものにね。

でももっと言いたかった。

偉そうに陶器作家さんのパトロンの真似事をしていた時期もあったし、旅行も毎年1回は長いときで2週間近く出かけたときもあったし、それ以外にちょこちょこ旅行に行っていた。同じ市内で別に泊まらなくても帰ってきたら?というところにも泊まりに行ってたし。地元では有名な旅館に。ということはお値段もそれなりにお高い。

外食もよくしていて、それも私らが行くような安っぽいところではなく、高級料亭みたいなところにツケで行って、1〜2ヶ月に1回は

「ツケ払いに行ってくるから」

とこれまたその高級料亭でお食事。
なんぼほど自分らお金使ってきたん?と思う。

私なんか、もう坊守業はコンビニバイトの片手間以下の気分よ。やりたくないもん。

もっともっと義弟くんに言いたかった。

お義母さんは服だけでなく、指輪もバッグも靴もめちゃくちゃ買ってる。冬になったら毎年コートを新調して、1度しか袖を通したことのないコートもある。

何なら私に好みでもない、欲しいとも言ってない服を買ってきて押し付けては爺までに感謝を強要してきた。
自分は毎月毎月アホほど服を買うからお下がりも押し付けられ、いらないと言っても

「なんで?」

と強制的に押し付けられた。
ほかにもたくさん言いたかった。あなたの両親は本当に糞だってことを。

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新

【同居の愚痴】良い肉が台無し

我が家ではすき焼きの味付け担当は婆。私がやりたいがこれだけは絶対に譲らない。なので私と息子はすき焼きが嫌い。

でも門徒さんからお歳暮で良い牛肉をいただき、強制的にすき焼き。たのむからわりした買ってこさせてくれ!と思いつつ黙っていたら自分の仕事とばかりに肉を焼き出した。

もうめちゃくちゃ砂糖入れてるし!

良い肉が台無し。めちゃくちゃ甘くて顔がゆがむレベル。真正面の息子も目が死んでた。
元々爺が甘いすき焼きが好きらしいが、その爺もさすがに

「味付けが濃いな」

と言ったが、濃いんじゃなくて甘いんじゃい!と叫びたかった。
ダンナも

「これ砂糖入れ過ぎじゃろ!」

と言っていたが、婆は

「そんなことないけぇ」

そんなことあるわ〜!!


その後、寺の買い物があったので息子と出かけたが、真っ先に口直しをスタバでした。

もう家ですき焼きは食べたくない!

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新

【同居の愚痴】贅沢なだけやん!

数日前に「お磨き」があった。「お磨き」とは、寺の仏具を磨き、本堂や門徒会館をご門徒と一緒に掃除すること。

仏具は「ピカール」という仏具専用の洗剤で洗い、門徒さんに新聞紙で磨いてもらう。

本堂や門徒会館は使い古しのタオルを雑巾代わりにしてあちこち拭いてもらう。

この使い古しのタオル・・・。私の使い古しのタオルは本当にもうバリバリの使い古しだけど、婆のタオルは柔らかくてまだまだ使える。

もったいな〜い!

そんなタオルがわんさか。なんならガーゼで有名なPGガーゼのガーゼタオルまである。そらも1枚じゃない。

ダンナに言うと、

「ワシももったいないと言ったことあるけど、あまりにぼろぼろだと門徒さんに悪いって」

はぁ?アホちゃう?ホンマにそんなこと思ってんの?贅沢なだけやん。

雑巾にするのにそんな気遣いいらんやろ?門徒さんも毎年

「このタオルまだ使えるのにもったいないねぇ。本当に雑巾にしていいの?」

と言ってはんの、知らんやろ。

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新

【同居の愚痴】私贅沢してないし!

 ここ数日腰が痛くて、段々と悪化。私が1番怖いのはバイトに響くこと。

なので腰痛ベルトを巻きながらバイトしているが、今日は整骨院で鍼を打ってもらった。
何せ私は8年前に二晩動けなかったほどのぎっくり腰を経験している。
もう、あれほど辛いぎっくり腰は勘弁・・・。

その整骨院へは毎週通っている。体のメンテとして。
ダンナは私が毎週整骨院に行く事をよしとしないのかたびたび嫌味を言う。

「お前、整骨院に行くために働いてるじゃろ?3分の1使ってるじゃろ!」

と言われた事もある。3分の1も使ってないわ!5分の1以下だわ!
で、今日は鍼。鍼をすると当たり前だけど高くなる。延長もしたので時間もかかった。帰ってきた私に

「どこ行ってたんや?整骨院?鍼打ってもらったんか?」

その目がなんか『お金使って!』みたいな目つきですごく嫌だったので、

「腰痛いんやから別に鍼打ってもらってもよくない?バイトにも響くし!私の整骨院代なんか、月々大した事ないやん!なんならバイト代で賄ってるし。あんたのお母さんなんか、年間100万以上デパートで服やバッグや装飾品買ってるやん!あのカード年間100万以上使ってる人のカードやで?あんたに『贅沢して』みたいな目で見られるのは違うわ!」

 と言ったら反論もしてこなかった。
そんな目で見る前に残りの生活費はよよこせ!

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新