【同居の愚痴】若かった時の話その10

いつもパソコンから更新してるこのブログ、今日はスマホのアプリから。昨日の早朝、バイトに入ってから腰が痛くなってきて、帰る頃にはかなりヤバい状態に。

昨日は彼岸法座だったのに私はほぼほぼ使いものにならなかった。

ダンナは眉根を寄せて『この忙しい時になんでや!』みたいな顔をしていたが、婆は優しい、優しい。気持ち悪いほど優しくて返ってシラけてまうわ!ってぐらい。

2年前までは違った。
私が風邪をひくと、まるで

『この役立たずのクソ嫁が!』

扱い。まだ私も若くて、義母の威圧感もすごかった頃、なかなか自分から体調が悪いとは言いにくかった。
それで、ダンナに言ってもらうと、義母激怒。

「体調が悪い時は自分でいいなさいよ!」

そう言った義母は自分が風邪引くと自分では言わず、義父に言わせるという、超自分勝手。

私も同居の緊張感から滅多に風邪を引くことはないが、たまにひくと体もしんどいのに義母に風邪をひいてしんどいと申告しに行かなければならないという更に精神的にも追い討ちをかけられる儀式を済ませないといけないという。

で、ここで「風邪ひいてしんどいので」と申告したところで義母の無上の一言が何度かあった。

「あら、しんどいの?でも買い物には行ってね」

若い頃、つわりがひどくても義母は私に

「ヒデ(だんな)に買い物に行かすな!」

とよく言っていた。それでもコンビニでこっそりおにぎりを買ってきてくれていたが、それが見つかるとダンナではなく私に文句を言ってきた。

「門徒さんに見られたらどうするのよ!」

いや、あんたら貴族か皇族か!逆に門徒さんに見られたらどうなんねん!
だから、私がしんどいと言っても買い物に行けと言われた。
それをダンナに言うと、

「しんどくて買い物にも行けないって言えばよかろう」

まぁ、この言葉を聞いた時はこいつは糞だなと思ったけどね。そう言いましたよ、その通りに。

もうインフルエンザかと思うほどの高熱で(違ったけど)、病院にもなかなか行くのがしんどいくらいだった時。
なんとその日の晩ご飯、出来合いの豚カツ

え?自分の息子が風邪ひいた時は

「寝るのが薬よ」「おかゆ作ってやりんさい」

なのに、私が風邪だと豚カツ、ドン!みたいな。しかも白々しく

「あら、豚カツじゃ悪かったぁ〜?」

と悪びれた様子もなく言えちゃうという。

初めてぎっくり腰になった時も、私の姿を見て般若の表情で無言。
『この糞嫁が!役立たずめ!』

ぐらいにしか思ってなかったと思う。
それが昨日。優しい、優しい。

「私がやるから。あんた痛いんでしょ!」

今ごろ優しくされても、遅いよね。自分が介護してもらいたい為だけの態度だし。
それならこの25年間の慰謝料くれっつーの。

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新

【同居の愚痴】偉そうな姑

結婚と同時に同居だった私は25年間義父母と仲良くしようと努力してきた。

義母、義父それぞれ衝突した事は何度かあったが、それでも私は努めて仲良くしようと努力してきた。

義母がデパートに行くと言えば「送りましょうか?」と声をかけたし、迎えにも行った。
でも義母は機嫌が悪いと『別に送ってもらわなくてもいいけど、そう言うなら送らせたるか』というものすごく尊大な態度で車に乗ってきた事も1度や2度ではない。

それでも私はほぼほぼ嫌な顔をすることはなかった。

それでも私が2年前に爆発する少し前、ダンナと義母を迎えに駅に行った時のことは忘れない。

迎えに来てとダンナからLINEが来たので迎えに行くと、義母はなぜかものすごく不機嫌オーラ全開。
息子と2人で出かけていて、私とは朝から一切絡みなしだったにも関わらず。

もちろん迎えに行ったお礼の一言もなし。ダンナとは普通に話をするが、それ以外は不機嫌オーラ全開。でもダンナはそんな雰囲気にも全く気付かない様子。
大体、朗らかな性格ではないのでそれが当たり前だと思っていたのかも知れないが、明らかに機嫌はいつもよりはるかに悪かった。

そして家に着くと義母は大騒ぎ。

「うわぁ〜!!トイレの窓が開けっぱなし!おお〜怖っ!おお〜怖っ!泥棒が入ってなくてよかったわ!!ホント怖い怖い!」

と、もうこれでもかと言うくらいしつこく騒ぎ立てた。
トイレの窓は高い所にあり、大きさも人がやっとひとり入れるぐらいの小窓。
少し前にみんな留守で締め出された義父がトイレの小窓からやっとこさっとこ入った事があったので大騒ぎしたのかも知れないが、それでも大げさすぎ。
私は

「迎えに行ったちょっとの時間で騒ぎ過ぎでしょ?」

と言うと、

「ちょっとの時間でも怖いわ!ちょっとの時間でもトイレの窓を開けっぱなしにするなんて!怖い怖い」

私は心の中で『その前に迎えに来てくれてありがとうはないんか!』と思ったが黙っていた。今そんなことやられたらこっちこそブチギレてやるんだけど。

そしてそのことがあった、数週間後。私が郵便局から帰るとどこもかしこも鍵がかかっていた。郵便局なので家の鍵を持たずに出ていたので、完全に締め出された。
その日は義父はゴルフ、ダンナはお参りで義母と私だけだったのだけど、どうやら義母は出かけた様子だった。

で、ふと見るとトイレの窓がバッチリ開いてた。

え?あんなに窓が開いてると騒いでいたのに?
その10分後、義母帰宅。近くの病院に行っていたらしい。

「トイレの窓が開いてますけど?お義母さんあんなに大騒ぎしてたのにトイレの窓開けっぱなしにして出かけたんですか?」

と咎めると

「・・・ちょっとの時間だからぁ〜」

「私も迎えに行ったちょっとの時間でしたけど、ちょっとの時間でも怖いって大騒ぎしてたでしょう?」

義母はすごすごと部屋に逃げて行った。

年寄りは言いたい放題やりたい放題。あんな年寄りには絶対なりたくない!

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新

【同居の愚痴】ここ数日の愚痴

数日前、私は社員送別会、息子も友だちとご飯、ダンナは会議→懇親会で私たちは誰も晩ご飯を食べない日があった。

婆はプール。晩ご飯を食べるのは爺だけ。それでも買い物は行かねばならない。そう思って何を買ってくるか婆に聞こうと思ったら向こうから

「今日晩ご飯食べるの、爺さんだけらしいね」

と言ってきた。そして

「爺さんだけだからお弁当買ってきていい?」

と。断る理由もないけど、それってお金出すの?私が・・・。
昔は出さされてたけどね。ちゃんとご飯作れる日だったのに

「爺さん、にぎり寿司が食べたいって言うから。二千円でいいからちょうだい」

厚かましくない?二千円でいいからって、たったひとりに1日二千円もかけられる?冗談じゃなかったけど、我慢して出しましたよ。でも今は違う。

お弁当買ってきてお金を要求されたので

「お弁当は外食扱いじゃないですか?お義母さん、作りたくないからお弁当にしたんでしょう?ひとりに千円も二千円も出せませんよ。私らお義母さん達と違ってお金がないんですよ?」

そう言うと婆が反撃してきた。

「私らと違ってって、私らだってお金ないわいね」

「え?お義母さん、優雅にプールに通ってるじゃないですか!」

「プールの月謝は3500円だから!」

「その3500円のプールに月2〜3万タクシー代かけて行ってらっしゃいますよね?お義父さんもゴルフ行けるし!私らそんな生活できませんから!生活費だってまとめてくれないんですよ?分割ですよ?分割!」

もっと言ったろかと思ったけどやめた。

こっちはダンナが生活費の残りをなかなかくれなくてイライラしとんじゃい!
なんなら仏具店でまとめ買いした線香代もめちゃくちゃ催促しないとくれへんかったわ!

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新

【コンビニバイト】なんだかなぁ〜

最近相方さんが辛くなってきた。
社員さんAが急きょ移動になったので急いで送別会を企画しないといけないと思い、参加する人の都合の悪い日を書き込む表をロッカーに貼り出した。

結構気付いてくれないので皆にアナウンスしたし、相方さんにも移動の件を言うと、いかにも『私は聞いてない』という表情。

「それ、いつ聞いたんですか?・・・私は店長に移動の話を聞いたって言っていいんですか?」

え?面倒くさい。いいでしょうよ!昇進で移動なんだからめでたいし!しかも早く送別会決めたいし。

「めでたいことだからいいんじゃないですか?」

と答え、参加するなら都合の悪い日の記入お願いしますとお願いしたのだけど、3日経っても4日経ってもスルー。

前の社員さんの移動の時は声かけずに貼り紙だけしてたら当日の携帯に電話してきて貼り紙に気付かなかったとか言って急きょ参加になったから声かけたのに相方さんは

「もう日にちを決めたらいいんじゃないですか?店長さんの日程だけ聞いて、あと決めた方が、皆の予定聞いてたらキリがないでしょう」

は?そんな日程私一人で決められないし!ある程度皆の都合を聞かないと決められないでしょう?

で、結局相方さんはそれでもスルーだったので、他の人の都合を聞いて日程を決めた。それも私は相方さんに伝えた。それでもスルー。
仕方ないので翌日、SMSで聞くと「欠席でお願いします」の返事。

なんだかなぁ〜。今朝も一緒のシフトだったけど、送別会の話は一切しないし、なんならルールを決めてくるし。

7時過ぎにトイレ掃除に行ったら、お客さんが4〜5人並んで大変だったから

「もう7時過ぎたらトイレ掃除は9時以降の人にお願いしましょう」

とか。ええ、トイレ汚いまま2時間放置?そりゃ朝は皆いそいでるだろうけど、4〜5人ならまだキャパ内よ。1年前は早朝はひとりでレジしてたんだから。

おでんセールの初日にフライヤーを抑え気味にしてたら7時から出勤してきた相方さんが

「山賊はないんですか?」

と、まるで社員さん?店長?みたいな。
おでんセールの初日はフライヤーは盛り盛りにしないのよ。
それを言うとプイっとした感じで。
なんか、本当に嫌な感じなんよね。

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新

【同居の愚痴】若かった時の話その9

義母は時々私に買い物を頼んだ。昔から自分の好きなデパートには行くが、それ以外はほぼ行きたがらなかった。少し歩けばハンズもあるし100均もある。商店街があるからほぼほぼなんでもある。でも義母は私に買ってくるように頼んできた。

「三年日記買ってきて。なんでもいいのよ。色?色もなんでもいいから!」

で、ハンズに行って買ってくると必ずいちゃもんをつけてきた。

「ピンクはなかったの?」

「はい、ありませんでした」

「そう、本当はピンクもあるんだけどね。まぁいいわ」

こういう言い方ある?まずは「ありがとう」じゃない?

あと、覚えているのはプラスチックの洗面器。

「洗面器買ってきて。何でもいいから。何でもいいのよ!」

その前にも本堂の玄関に敷くものを買ってこいと漠然と言われ、買ってきたらもっと大きいものがいいだの、なんだのと文句を言われたので、詳しく聞くも「なんでもいい」の一点張り。

なのでダンナに選んでもらった。ダンナは

「大きい方がええじゃろ」

と大きめの洗面器を買ったのだけど。

「なんか大きくない?これ。まぁいいけど。ありがと。いくら?」

「ありがとう」も一応言うが、全く気持ちがこもってない。
もうほぼほぼ、嫌味を言いたいだけだと確信した。

もうその頼まれ事も2年前にきっぱり断った。

「プールの時に使いたいから保温ボトル買ってきて。え?小さめで色はなんでもいいから!」

もうその手にはのりたくなかったので

「お義母さん、自分で選んで買ってください。◎×デパートの隣に店がありますから」

と断った。その直後ぐらいに大爆発起こした事もあり、義母も私に頼んでこなくなった。
いままでの事を思い返すと、私に買ってこいと頼んでくるのはほぼほぼ嫌味を言いたかったからだと思う。
そんなに嫁いびりが楽しかったの?自分が足腰立たなくなったら誰に介護してもらうつもりだったのだろうか?

私は結構お人よしな方だったと思う。25年間も我慢して仲良くしようと努力してきたのだから。でももう無理。

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新