【嫁姑】嫁姑バトルの大まかな記録

Pocket

【嫁姑】はなしにならない
【嫁姑】話にならないその2
【嫁姑】話にならないその3
【嫁姑】話にならないその4
【嫁姑】話にならないその5
【嫁姑】話にならないその6
【嫁姑】話にならないその7
【嫁姑】話にならないその8
【嫁姑】表面上の和解

の時の娘と娘の姑のバトルをバッチリ娘が録音していた。
それは婿さんの親戚数人にシェアされ(娘夫婦の味方)、唖然とされた。
少し時間が経ったのでその内容を大まかに記録しておこうと思う。途中からだけど。

「子ども(当時1歳6ヶ月)って朝早く起きるでしょ?9時まで寝てるって、一体孫ちゃんは何してたのかって。私だって怒ってたけど時間置いたら落ち着くし(2ヶ月経っても怒り収まらず)そうしようと言ったのよ。大体あんた達やってもらうの(お金の援助)が当たり前になってて感謝が足りないんよ!」

「お父さん(娘の舅)との話し合いも嫁が90%悪い!姑・舅に文句を言うのは別れる時よ!」

「それは私は意見を言えないってことですか?」

「あんたのお母さんもキチ◎イみたいに電話してきて、『娘は1ヶ月ずっと泣いてた』とか『妊娠してるって認識ありますか?』って。わかってるわよ、こっちだって安定期に入ってるってことぐらい」

「意識の違いですね、それは。あと、9時まで寝かせてたって言いますけど、全ての子どもが7〜8時に起きるわけじゃないですから。まだ小さいのに」

「はぁ?7〜8時に起きるでしょう、大体!」

「あの時は夜中に起きて4〜5時までなかなか寝なかったんです。だから9時まで寝てた事を言われるのは違います。でもあの時お義父さんにそう言うと、言い訳だとかへ理屈だと言われると思ったから言わなかったんです。お義母さんが子ども2人を毎日完璧に7〜8時に起こしてたのかも知れないけど、そこを言われるのは違うと思う」

断言できるが、娘の姑は7〜8時には起こしてなかったと思う。これは親戚の証言もあるし(良く子守り頼まれてた)、ご飯もほぼほぼ出来合いでろくに料理しなかったことと、赤ちゃんの時から平気で他人に預けて夫婦で外食していたと共通の知人からも聞いた。なので娘の姑はこの時「起こしてた」とは言わずスルーした。そりゃ言えないわな。

「そういうこと、ちゃんと言えばいいじゃない!」

「いえ、そういうのを言わせない圧はいつも感じてました」

「あんた、舅に対して『あなた』って失礼なことを言ったよね?」

「お義母さんも私の母に対してさっき『キ◎ガイ』って言いましたよね?」

「だって、ホントにキチ◎イみたいに言って来たんだから!」

「それも失礼じゃないですか?お義父さんはお義父さんで私の父に対して『あんた』って言いましたし!おかしくないですか?もうね、お義父さんとお義母さんの常識の範囲がわからないんです。自分たちは何を言ってもいいんですか?『あなた』と言ったことだけ揚げ足取られて話するのはおかしいでしょう」

 この後、娘は姑・舅から受けたモラハラを訴えた。

「私、お義母さん達からひどいこと言われてきたの我慢してたんですよ。同居してる時に色々やらないといけないと思って動いてたら『あんた落ち着きがないね、多動症?(笑)」と言ってきたり、何か少しでも問題が起こったらすぐに『感謝が足りない』って言うし。本当に感謝してるのに、『足りない、足りない』って、何をもって感謝してるってことになるんですか」

「いやいや、態度でわかるんよ」

「それ言われたらもう何もわかりません。だから今日はもう援助はいいですと言いに来ました。私は援助してもらってるのは感謝してました。だから孫の顔も見せに行きましたし、時々食事に誘ったりしてました。でも伝わってないなら仕方ないし、何か問題が起こる度にそう言われて、もうこれ以上援助に対する対価とリスクには耐えられません」

結構娘、ハッキリと言って完璧に言い負かしてた。

「あと、2人目まだ作るなよってしつこく言われて、妊娠した時ものすごく罪悪感あって、どう言おうか悩んだし、報告した時の返事も散々だったし、その後も3人目作るなよってまだ生まれてもないのに会う度に言われて・・・」

「2人育てるのは本当に大変なのよ。だからあんたのためを思って言ってたんじゃない」

「そんなことは私が育てる上で感じることで、会う度にしつこく言うことではないですよね?」

娘に言い負かされ、腹が立ったのか、娘の姑は話を変える。

「あんたパパにまだ言い足りないって言ったらしいけど、◎×家はそういう家じゃないから!そんな言いたい事言い合ってたら上手くいくわけないから。親子じゃないんよ。嫁だから。そんな理不尽なこと世の中にいっぱいあるから」

「お義母さんは苦労したかも知れませんが、その理不尽なやり方で自分もやっていこうと思ってるんですか?」

「そうよ、それが◎×家なんだから。でもあんたまだ私の時より良い方よ。私が今回の他にあんたらに踏み込んだ事ある?ねぇ、ある?」

「子どもの事に踏み込んでますよね?私たちが私立行かせたくないと言った時のお義母さんの激怒具合で、これは何も逆らえないと2人で話したほどです」

この後、娘の姑は「孫の将来を思って言ってた」とか「それが負担になってたのならごめんなさい」と言葉では謝っているが、完璧不貞腐れモード。何言っても娘がほぼほぼ完璧に言い返してくるから結構苛立ちが隠せない感じだった。

「私には男の子(2人)しかおらんから。姑というのはね、どんな嫁が来ても、例えどんな完璧な嫁が来ても気に入らんわけ。みんなそう。男の子の親ってそういうものなんよ。あんたも男の子が生まれるからそのうちわかると思うけど」

みんなそうと言われたら100%NOだ。私は息子の嫁には自分が受けた嫌がらせ、嫌味、小ばかにした態度は絶対取りたくない。もし、嫁が気に病むほどの我慢をしていたなら、教えて欲しいと思う。

娘の姑は娘に言い負かされ、どうにもならなくなり、最後は自分の息子に「で、どうなのよ?」と圧力をかけてきた。
そこで婿さんの浅はかな裏切りがあって(【嫁姑】話にならないその6)大変な事になったのだけど。

今はなんか、あんなことがなかったかのような振る舞いらしい。
援助はいらないと断ったのに、ベビー服はバンバン買ってくるし、本人は

「あの騒動で腹を割って話し合ったのは返ってよかった」

とか言ってるらしい。娘は

「勝手に買ってくるのはいいけど、これで感謝を求められたらもう無理だわ。買ってとか一切頼んでないし!」

と言っている。さて、これからどうなることやら。

ポチッと押してくれると喜びます。

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


愚痴・ボヤキ日記ランキング


日記・雑談ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新