【嫁姑】話にならない その2

【嫁姑】話にならない
のつづき

娘の姑からの電話を切った後、舅から電話がかかってきた。
娘の舅は私よりひとつ年下。
私は怒りを抑えきれない勢いで

「◎×代さんとお話しましたけど、全く話になりません」

そう言うと、今からこっちに来ると言って電話を切った。
娘は絶対会いたくないというので、マンションの外で話をした。

舅は娘からSNSのフォローをブロックされたことがショックだったと何回も言った。6〜7回言ったかな。どんだけや!
大体、舅が嫁のSNSをフォローする?それこそ気持ち悪いわ!娘もそう言ってたけど、拒否できずに仕方なく許可していた。
でも、そのSNSの投稿を見て、そのSNSのDMで

「ママを怒らせてるのに何能天気に遊びに出かけとるんや!」

と文句を言ってきたので、嫌になってブロックしたそう。せめてLINEで言ってきてくれたらよかったのに・・・と。
娘にしてみたら

「こっちは何回も謝って、会って話もしたいって言ってるのに全拒否されて、しばらく距離おこうと言われたのに、その間ずーっと引きこもってないといけないわけ?子どももいるのに?」

しかも娘の姑は、舅に自分の都合のいいようにしか言っていなかった。娘夫婦の話は全く聞かずに頭ごなしに言っていた。

話を戻そう。娘の舅はSNSでブロックされたのがショックと私たちに何回も訴えた。私は「舅にフォローされたらどういう気持ちか会社の女の子に聞いてみてくれ」と言ったが、ダンナは私がキツめに言うたびに、娘の舅をフォローした。
そして私が

「1ヶ月も激怒するようなことですか?それにしても長くないですか?」

と言うと、なんと娘の舅は

「そりゃあ、価値観の違いですから」

と言ってのけたのだ。はぁ?なんちゅうちっぽけな価値観や!自分の息子が起きなかっただけで1ヶ月も激怒する価値観ってなに?毒親なだけやん!

「でしたらこの先思いやられますわ。娘を嫁に出しましたが、煮るなり焼くなり好きにしろということではないんで。私も嫁姑で随分苦労しましたから」

「うちのも苦労してます」

『じゃあ、今回の事はなんでや!』(←めちゃくちゃ言いたい)

「それで今回こういうことがあったことで更に娘に何かある場合はいつでも連れて帰りますから」

「そういうことはありませんから」

そう確認した。でもその後、娘の舅は

「◎×美(娘)と話させてください。ふたりで」

そうしつこく言い出した。私たちにはさも両手広げて「ワシが聞いちゃるけぇ」と懐の深さを示した言い方だった。そのあまりの押しの強さにダンナから娘に聞いてこいと言われ、私は家の中に。
娘は嫌がったが、私たちがいることを条件に話をする事を承諾した。

つづく。

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新