【嫁姑】話にならない その3

【嫁姑】話にならない その2
のつづき。

話し合いが始まった。私は孫の相手で少し離れた所で。
ダンナは娘の隣にぴったり座った。

娘の舅が冷静でいたのは最初のほんのちょっとだけ。
娘にもSNSブロックされたこと言ってたし。どんだけや!
で、娘はその理由も言ったし、謝っても謝っても姑は許してくれず、会って謝罪する事すらかたくなに断られ、為す術もなかったことも言ったし、◎×家の嫁としてやれと言われたことは全てやってきた。親戚の集まりも必ず行って手伝いに行っているし、平日でも孫の顔を見せにちょくちょく行っている。何かの記念の折には姑を食事に送ったり、プレゼントもしている。なのに、たった一度のミスでそれらも全てゼロ、なかったかのように悪く言われる。

あと、姑と舅から心無い事を言われ、ある程度は私も余裕で聞き流せるけど、傷ついたことも何度もあったこと。でも泣いたりせずに我慢してきた事。そんなことを訴えた。

「3人目はないからね。3人目は作らないのよ」

二人目の妊娠がわかった時、姑も舅も手放しで喜ぶどころか、

と姑がしつこく何度も言ったり、舅に至っては

「腹蹴ってやろうかと思った」

と娘がいる前で他人に話したそう。
他にも親戚の集まりの時にいそいそと働いていたら姑が

「あんたって、多動症?(笑)」

とバカにしたらしい。

で、話を元に戻すと、この当たりから舅の声が大きくなった。
何を言い出したのかと言うと、

「謝った以前のことを言いよるんじゃ。謝らんといけんことをしたんじゃろう。謝って終わりなんか?改め方を考えろっていうのがあいつの言い分じゃ」

と言い出した。え?そんな大それたミス?謝っても済まされないような事?
姑本人の仕事のことで、本当は自分が行かないといけないことなのに?これ、全然自分の店に関係ない者が行ったことがバレたら問題になることじゃないの?
それに寝過ごして行けなかっただけで、謝っても済まされない?改め方を考えろ?

舅の仰天発言はまだ続いた。つづく。

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新