【同居の愚痴】私が努力した証

大きな段ボールが4つも、義母宛てに送られてきた。
3〜4年前に亡くなった義母の母親、つまりはダンナのおばあちゃんの遺品だそう。
ほぼほぼ服みたいだが、処分に困った義母の兄嫁が送ってきたそう。

「いらないなら捨てて」

そう言われて義母は不満そうに怒っていた。大体、兄嫁とは仲が良くない。

義母の母(以下義お婆ちゃん)は義母の兄夫婦(寺)が見ていた。
でも、私が結婚した当時は年に2回、合計半年はわが家に滞在。
つまり1年の半分は一緒に生活していた。

私はお婆ちゃんが好きだった。お婆ちゃんが来ると気分転換になった。
あっちこっち遊びに行ったし、子どもたちも大好きだった。
空港まで片道1時間ほどかかる空港にも送り迎えをした。

そして、アルバムも作って渡したこともある。
そのアルバムが返ってきた。捨てるに捨てられないということで。

ああ、アルバム作って渡したんだ・・・と思い出した。すっかり忘れていた。

「こんなこまやかなことするのは嫁子ちゃんよ」

義母が言うと、義父も

「そうよのぉ」

と応じた。
ついこの間、私を追いだそうとしてたやつが言うか!😤
その写真がこれ。

長男が生まれた時のアルバム、後の2冊は遊びに来られた時の思い出のアルバム。
赤い方は、お婆ちゃんが親戚と遊びに行った時の写真も貼って、私は行ってもないのに、その時の日記のような文章も書いていた。
もう、この時には既に認知症だったんだと思う。

私、嫁として結構がんばってたと思う。お婆ちゃん、つまり義母の母にもこうやって気持ちを表してきた。

それでも義母は嫁いびりをしてきたのよね。
今更誉められてももう遅い。だったら私の28年を返してくれ。

ポチッと押してくれると喜びます。

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


愚痴・ボヤキ日記ランキング


日記・雑談ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新