【同居の愚痴】白々しいねん!

Pocket

少し前のことだけど。

バイトから帰って一休みしている私に姑が

「この掃除機使っていい?」

と聞いてきた。
はぁ?いつも使ってるやろ!何が言いたいねん!
こういう言い方をする時は決まって『なんでか聞いて〜』というアピール。

「はぁ?使えばいいんじゃないですか!」

とそっけなく答え、なぜか聞き返してこない私にしびれを切らして

「それがね、孫ちゃんが持ってきた花瓶の中が汚れてて・・・」

あ〜、それが言いたいんですか!てか、娘から花瓶もらったの、あんたな。私じゃないで。

「あ〜、はいはい、娘の花瓶が汚いアピールですか!」

そこから私の怒りがもう止まらなくなって(言うなればPTSD発症状態ですよ)、姑の部屋に向かって

「マキタの掃除機今まで使ったことないんか!白々しいねん!」

と言ってしまいましたわ。
バッチリ聞こえてたみたい。
程なく姑が出てきて

「私は孫ちゃんの花瓶の中の木くずを吸っていいか聞きたかったのよ」

「じゃあそう聞けばいいんじゃないですか?『この掃除機使っていい?』って白々しいんですよ!結局娘が持ってきた花瓶が汚れてるって私に言いたかったんでしょ?言い方がホンマに白々しいんですよ。その花瓶も私がもらったんじゃないし」

「・・・私が言うことは全て白々しいんじゃね」

そう言えば、私が「そこまで言ってない」とか黙ったりひるむんじゃないかと思ったか知らんけど、黙るかぁ!ひるむかぁ!

「あーそうですね!昔からず〜〜〜〜〜っとそうです!昔からお義母さんの口から出る言葉は嫌味か白々しいことばっかり!」

そこからプチ罵詈雑言タイム突入ですよ。
私も何も自分から年寄りをいじめたくはないよ?だけど、25〜6年姑の嫌味・小ばか発言・いやがらせに耐えてきて私も性根が腐り切るというもの。

姑がそんなつもりなくとも、少しでも嫌味や小ばかにしてきたと感じたらもう怒り爆発ですわ。

そこから何を言ったのか全て覚えてないけど、

「私がどれだけお義母さんからされたり言われたりしてきて不快感を押し殺してきたか、我慢してきたか!今の私のこの態度はあんたが私にしてきたことの結果ですからね!私はこんな嫌な性格ちゃうかったし、精神科にも行ったことあるんですよ」
「私のことは病気だと思ってください。滅多なこと言ったらどんな目に遭うか覚悟してほしいですね!」

「あんた」とは一回言ったの覚えてるけど、まだ敬語使ってるだけマシだと思って欲しい。
それでもなお、普通に話しかけてくる姑のメンタルよ・・・。こっちがメンタルやられるわ!