同居の愚痴

【同居の愚痴】若かった時の話その3

Pocket

結婚して、一番神経を使うのは風呂に入る時だった。脱衣所の扉には鍵はなく、私が風呂に入っているにも関わらず、義父は自分の都合だけで容赦なく扉を開ける。
そのため、風呂に入る時はドアノブを掴みながら服を脱ぎ、脱いだら急いで風呂に入る。風呂から上がる時は風呂場で体を拭き、風呂場から出たらすぐにドアノブを掴みながら服を着る。
なんども開けられそうになった事もあるし、一度は入ってすぐ脱衣所に忘れ物を思い出し、バスタオルで隠しながら脱衣所に出たら、いきなり開けられた事もある。爺は扉をすぐに閉めるどころか、

「入っとったんか」

の一言。はぁ?見てわからんのか!
そんなことがあっても爺はお構いなしで開けようとしてきた。
それがなくなったのは15年過ぎてから。娘も年頃になってくるし、私も強くなってきていたから、掴んだドアノブを開けようとしてきた爺に

「誰?!」

と怒鳴った事で脱衣所に電気がついている時は誰が風呂に入っているか確かめるようになった。15年過ぎてやっと!!

でも風呂に入るのが22時半までという鉄則は25年間続いた。
たまに行く飲み会の日は風呂は諦めるか、静かに静かに入るか。
でもシャワーを出さずに湯船の湯を使って入っても婆が

「誰が風呂に入ってるの?!」

と怒鳴りに来た。飲み会に行った私の他に誰がおんねん!と思ったけど。
私がバイト始めてからはその鉄則は崩れた。バイト始めて間も無く、17〜22時のシフトにも入るようになったから。
そして今はダンナまで夜中に入るようになった。婆がダンナに文句を言うと、

「もうお母ちゃん達中心の生活はできんから。我慢するか耳が悪くなってもらうしかない」

と言っていた。この言葉、私がダンナに言ったそのままの言葉だけどね(笑)。

私らだって、爺と婆の騒音には随分我慢したのよ!!
つづく

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新

投稿者

rairai5810@icloud.com