【同居の愚痴】偉そうな姑

結婚と同時に同居だった私は25年間義父母と仲良くしようと努力してきた。

義母、義父それぞれ衝突した事は何度かあったが、それでも私は努めて仲良くしようと努力してきた。

義母がデパートに行くと言えば「送りましょうか?」と声をかけたし、迎えにも行った。
でも義母は機嫌が悪いと『別に送ってもらわなくてもいいけど、そう言うなら送らせたるか』というものすごく尊大な態度で車に乗ってきた事も1度や2度ではない。

それでも私はほぼほぼ嫌な顔をすることはなかった。

それでも私が2年前に爆発する少し前、ダンナと義母を迎えに駅に行った時のことは忘れない。

迎えに来てとダンナからLINEが来たので迎えに行くと、義母はなぜかものすごく不機嫌オーラ全開。
息子と2人で出かけていて、私とは朝から一切絡みなしだったにも関わらず。

もちろん迎えに行ったお礼の一言もなし。ダンナとは普通に話をするが、それ以外は不機嫌オーラ全開。でもダンナはそんな雰囲気にも全く気付かない様子。
大体、朗らかな性格ではないのでそれが当たり前だと思っていたのかも知れないが、明らかに機嫌はいつもよりはるかに悪かった。

そして家に着くと義母は大騒ぎ。

「うわぁ〜!!トイレの窓が開けっぱなし!おお〜怖っ!おお〜怖っ!泥棒が入ってなくてよかったわ!!ホント怖い怖い!」

と、もうこれでもかと言うくらいしつこく騒ぎ立てた。
トイレの窓は高い所にあり、大きさも人がやっとひとり入れるぐらいの小窓。
少し前にみんな留守で締め出された義父がトイレの小窓からやっとこさっとこ入った事があったので大騒ぎしたのかも知れないが、それでも大げさすぎ。
私は

「迎えに行ったちょっとの時間で騒ぎ過ぎでしょ?」

と言うと、

「ちょっとの時間でも怖いわ!ちょっとの時間でもトイレの窓を開けっぱなしにするなんて!怖い怖い」

私は心の中で『その前に迎えに来てくれてありがとうはないんか!』と思ったが黙っていた。今そんなことやられたらこっちこそブチギレてやるんだけど。

そしてそのことがあった、数週間後。私が郵便局から帰るとどこもかしこも鍵がかかっていた。郵便局なので家の鍵を持たずに出ていたので、完全に締め出された。
その日は義父はゴルフ、ダンナはお参りで義母と私だけだったのだけど、どうやら義母は出かけた様子だった。

で、ふと見るとトイレの窓がバッチリ開いてた。

え?あんなに窓が開いてると騒いでいたのに?
その10分後、義母帰宅。近くの病院に行っていたらしい。

「トイレの窓が開いてますけど?お義母さんあんなに大騒ぎしてたのにトイレの窓開けっぱなしにして出かけたんですか?」

と咎めると

「・・・ちょっとの時間だからぁ〜」

「私も迎えに行ったちょっとの時間でしたけど、ちょっとの時間でも怖いって大騒ぎしてたでしょう?」

義母はすごすごと部屋に逃げて行った。

年寄りは言いたい放題やりたい放題。あんな年寄りには絶対なりたくない!

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新