子育て

【子育て】娘の決断

Pocket

【子育て】我が子のこと(娘編)
【子育て】まさかうちの娘が・・・
【子育て】え?なにそれ〜!
【子育て】中二病真っ只中
【子育て】娘の喫煙発覚(2回目)
【子育て】学校でのトラブル再び・・・?
【子育て】私の親としての対応が良かったのかどうか今でもわからない
【子育て】恩師の言葉
【子育て】ダンナの心無い一言
【子育て】実家へ・・・
【子育て】恩師の元へ・・・
【子育て】息子には迷惑かけた
【子育て】完全に不登校に
【子育て】突きつけられた現実
のつづき

話し合いには学年主任の先生、担任の先生、あと肩書きが思い出せないが、私は初めて会う女性の先生がおられた。
私とダンナは娘を挟んで先生と向かい合って座った。

もうわかってた。後は娘がハッキリ言うだけ。
主人はそれでも何とかもう少し猶予をもらえないか?食い下がって先生にお願いした。
言葉はハッキリ覚えていないが、穏やかに先生にお願いしていた。
もちろん先生方の決定を覆すことはできない。ダンナもそれはわかっていた。
校長先生が決めたことだから、先生方が勝手に判断できるものではない。
娘はなかなか答えを出さずに

「大学に行きたいからこのまま頑張った方がいいと思ったりもする。だけど・・・」

そんな娘に学年主任の先生が仰った。

「先のことではないよ。今どうしたいかだよね?」

娘は少し興奮したように

「でもお父さんはこの学校やめて欲しくないよね?お母さんもこのまま高校まで行って欲しいんでしょ?」

ダンナも私も同じ気持ちだった。

「そりゃあ、お母さんは行ってもらいたいよ。でも行くのはお母さんじゃない、あんたやん。自分が行きたい方に行けばいいよ」


「大学には行きたいけど・・・地元の中学に転学します」

その時の事を思い出すと今でも涙が出る。
この言葉で私は涙が止まらなくなった。でも先生方には言わないといけない。

「今までありがとうございました。こんな結果になってしまいましたが、この学校に入学したのは決して間違いではないと思っています。色々とご心配をおかけして申し訳有りませんでした」

もう私もボロボロに泣いていた。何の涙かと聞かれたら・・・よくわからない複雑な涙だった。
ダンナも何か言ってたけど覚えていない(苦笑)。
やっぱり先生方へのお礼だったと思う。

転学すると決まればもう話はそっちに向かって行った。
担任の先生が

「転学すること、クラスの皆にはどう話そうか?先生が後から皆に話そうか?」

適当な理由をつけて話そうかと言う先生に対して娘は

「それは学校に行って、ちゃんと皆に話したい。クラスの子たちが自分のせいじゃないかと思わないようにちゃんと話したい」

内心、私は嬉しかった。ちゃんとけじめをつけようとする娘が誇らしくも思えた。
それはダンナも同じだった。

「娘の意向を汲んでもらえますか?ちゃんと挨拶して別れさせたいと思います」

先生方は快く受け入れてくださった。

帰りの車の中は明るかった。
ダンナも前向きで明るく接してくれたのは助かった。
ダンナはいいとこ取りでしんどい役回りは私。父親と母親の役が反対だったけど、ちゃんと自分の役割を果たしてくれていたのは有り難かった。

家に一旦帰ってからダンナは明るく

「今からファミレス行こうや!」

そう言って3人でファミレスに行き、久しぶりに晴れやかに楽しいひとときを過ごした。

ポチッと押してくれると喜びます。

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


愚痴・ボヤキ日記ランキング


日記・雑談ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新

投稿者

rairai5810@icloud.com

【子育て】お別れ

2021年7月3日