【同居の愚痴】久々の大爆発 その3 「炸裂」

Pocket

【同居の愚痴】久々の大爆発
【同居の愚痴】久々の大爆発 その2
のつづき

自分が何を言ったのか。情けない事にここも興奮状態になったので全ては覚えていない。覚えている事だけ・・・。

「大して床拭きもしないくせに、たまに床拭きしたら『あんた毎日紙で拭いてたの?モップの先に紙つけてたじゃない。私が床拭いたら真っ黒だったわよ!(笑)』って言ったんですよ?私は腰痛の時はモップに雑巾つけて拭いてましたけど、真っ黒だったとかどんだけ盛って嫌味言うんですか!自分は全然床拭きしないくせにたまに拭いたらそんな嫌味言って、だったら自分で拭けって話でしょう?大体昔からその手の嫌味は散々言われてきたんですよ!大して真っ黒でもないのに真っ黒だったとか、そうやってあんたはやる気を削いでいってるってわかってます?」

「娘の初節句の時もそうですよ!自分でなんて言ったか覚えてます?『あんたの親からつまらない人形が送られてきたら、私がその人形の顔見て毎年腹立つから、私が買う。半分出すから』って、私の親は我慢してくれてお金出してくれたんですよ!」

「それはあんたの親から人形が送られて来なかったんじゃない!だからお金出してもらって買ったんでしょ!」

「はぁ?自分が言った事、覚えてないんですか?マジで言ってんの?信じられませんわ!そうやって、その場凌ぎで嘘の言い訳か?今まででも何回もあったし!それに、自分が全ての基準で、自分と少しでも違うと『え?あんた生理1週間もあるの?こっわ〜!!(笑)』とか世間知らずもいいとこなんですよ!自分はピーラーの使い方知らなくて義叔母さん(婆の兄嫁)にバカにされたってめちゃくちゃ怒ってたくせに、私には『この人は運針も知らんよ〜あはははは!』って平気でバカにするでしょ?言っておきますけど、ヒデさんも『運針って何?』って利いてきましたからね!」

「クスッ」

「私が筍を皮付けて茹でた時も『なぁに〜?!この茹で方〜!!あはははははは!』って大バカにされましたけど、筍は皮付けたまま茹でるのが正式ですから!自分がなんでもかんでも正しいと思ったら大間違いです。でもお義母さんはそうやって自分が正しいと思ってるから自信満々で人をバカにして笑えるんでしょ?ところがどっこいどっちがバカかって話ですわ!」

もうめちゃくちゃ言ってやったら、義母は一旦台所から出た。
多分私がこんなにめちゃくちゃ言えるとは思ってなかったと思う。やっぱり認知症入ってるのかな?3年前もアホほど言ってやったのに。

で、5分近くして戻ると、また私の今までの恨み節が続く(苦笑)。

「都合が悪くなったらそうやって逃げるんですか?私は言いたい事なんぼでもありますよ!私はあんたらからほぼほぼ人扱いされてませんから!『嫁の分際』とか言われるし、毎日毎日嫌味言われてずーっと我慢してきたんですよ。そりゃお義母さんはさぞかし気持ちよかったでしょうね!毎日毎日私をバカにして、嫌味いって笑って」

「私、そんなにひどい人間じゃないよ!」

「はぁ〜?!自分は良い姑のつもりですか?」

「良い姑とは思ってないけど・・・」

「え?じゃあ、そこそこの姑と思ってたんですか?言っときますけど、最悪ですよ?私の話を聞いた人たちからは『よく我慢したね』って言われます!」

「それ誰に言ったのよ!山田さん?山田さんが言ったの?」

「え?誰だっていいでしょう!お義母さんはそうやって、『誰が言ったの?』『どこに行くの?』『何時に帰るの?』『何してたの?』って、いちいち監視してくるようなことばっかり聞いてきてもううんざりです!自分が私の立場だったら1日で根を上げてますわ!私だから28年も耐えてこれたんですよ?」

そこに爺が部屋から出てきた。

つづく。

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新