【同居の愚痴】久々の大爆発 その7 「その後」

Pocket

【同居の愚痴】久々の大爆発
【同居の愚痴】久々の大爆発 その2
【同居の愚痴】久々の大爆発 その3「炸裂」
【同居の愚痴】久々の大爆発 その4「爺参戦」
【同居の愚痴】久々の大爆発 その5
【同居の愚痴】久々の大爆発 その6「抵抗」
のつづき

ダンナが義父に「坊さんが言うことじゃないじゃろ!」と言ってから3日間、私は完璧に義父母を避けていた。絶対昼ご飯は一緒に食べたくなかったし、11時開店のユザワヤへダブルガーゼを買いに行き、ひとりでご飯を食べた。
お金はかかるけど、心療内科に行ったと思えば・・・。

晩ご飯も早めに作って先に食べるか、後で食べるか・・・。その間はウォーキングに行ったり、自室にこもったり、リビングで堂々と寝てたり。
少なくとも3日間は全く話をせず。

でも4日目になると義母がまた話しかけてくる。もう本当に不快でしかなかった。
そして私たちは京都へ。
日曜日の新幹線はガラガラ、京都駅も駅構内の店も全部閉まっていて駅員さん除いて5人もいなかった気がする。

京都では入籍するという息子の彼女の親御さんにどうしても挨拶をしておく必要があったので、駅のホテルで会食し、宿泊も駅の近く。
翌日は本願寺参拝以外はどこにも行かずに、近鉄駅構内で柿の葉ずしを買って帰った。

一時は私を本気で追いだそうとしていた爺、私が買ってきた柿の葉ずし、何事もなかったようにペロリと食べやがりましたわ。なんならプールの時は食べない婆の分までひとつ食べてたし。

え?あんたの嫌いな嫁が買ってきた柿の葉ずしですけど?
厚かましくよく食べますよね。

婆は婆で

「大根がたくさんあるから、こないだあんたが作った料理・・・作ればいいじゃない」

は?自分で作るのかと思ったら私に作れ?
仕方なく、大根と鶏肉のさっぱり煮を作ったら、ふたりして食べる食べる!

結局婆は何事もなかったかのように振る舞い、私にちょくちょく話しかけてくる。爺は前と変わらず必要最低限しか話さない。

結局また私が我慢の日々が始まるのか?
実家の母に電話したら

「あんたが出て行く事ない。出て行くなら隠居した人たちやろ」

そうだけど、いつ私の心の平穏は訪れるのだろう・・・。

にほんブログ村 家族ブログ 三世代同居へ
にほんブログ村



愚痴・ボヤキ日記ランキング

ブロトピ:今日のブログ更新